デュカン・ダイエット実践体験記

ダイエット仲間と7日間サイクルダイエットに挑戦します

デュカンダイエットのグループ実践体験記。1ヶ月経過

こんにちは!

 

すっかり更新までの日にちがあいてしまいました。

はてなブログから、一ヶ月更新していません、とのお知らせが来てびっくり仰天。

 

8月21日に開始したグループダイエット、確かにもう1ヶ月が経過。

 

ここのところ超多忙でブログにまで手が回らず^^;

 

そうこうしている間も、ダイエットは進捗中です。

今新しい方が入って、計6名(4名のグループと個別の2名様)で実践中。

 

f:id:miyoshiimatani:20170926043327j:plain

 

今のところの進捗状態はと言うと…

 

私も含め皆さんギリギリのところまではガッチリやって到達できてます。

今まで超えられなかった壁を超えています。

 

しかし!

 

壁を超えてやったー!となると、

旅行やら、行事が入って、一時中断となる。

 

そうすると、数日のうちに、また2-3キロ戻してしまう。

 

そしてぎゃーとなって、また頑張り、いつもの停滞期の少し下を行く。

 

そしてまたなんだか旅行とか、台風でウォーキングが出来なかったりとか。

 

開始地点より皆3−4キロ落としてます。しかし、油断すると、すぐ戻ってしまう。

これはしっかり痩せて、リバウンド防止期を経ないと、体重は確定しません、ということが身を持って分かる経験ですね。しっかり痩せきるまでは、油断大敵です。

 

ダイエットは、しっかりやれば、本当に直ぐに効果が出ます。

しかし、そこから【緩めず続行】するのが、難しい

 

これはダイエットの問題というよりは、モチベーションの問題?

モチベーションの問題というよりは、セルフイメージの書き換えが出来ていないせい?

 

今まで越えられなかった壁を超えて、ここから更に行く!つもりが、

折れてしまってる。

そんな感じがあります。

 

私も下腹部を落とすのに、そんな気持ちがわからなくもないんですね。

 

お腹を落としてシックスパックになることが目標ですが、

上部2パックが見えて、更に進める!!と言う段階で、今まで折れてきました。

 

自己観察してみたのですが、やっぱりどこかに恐怖がある。

恐怖というべきか、肉の付いたお腹に愛着があるというべきか?

気持ちの何処かに、これは落としたくないー、というような声がある。

要するに、人間の中にある、現状維持の本能が働いている。

 

今まではこれに無意識だったために、いい線までたどり着いたと思ったら、何か理由ができて逆戻りをしていたのを、

 

今回は逆戻り無しで、しっかり最後までやるつもりです。

 

超痛い、セルライト取り+水分排出+引き締めマッサージにも通って3週間。

お腹を落とすために、しっかりお金出してますから。

痛みにも堪えてますから。

これで逆戻りはありえないでしょう。

 

毎日寝る前に、プロビルダーの写真を眺めて、自分もこうなる、と言い聞かせてから寝ます。

 

こちらのブログもどうぞ。

デュカンダイエットとボディメイク。ヨーロッパの糖質制限とボディメイク